鼻の形は美容整形で変えられる|口コミの情報は参考になります

  1. ホーム
  2. 情報を集める

情報を集める

頬を触る人

鼻の整形手術を受けたあと、気になるのがダウンタイムにかかる時間です。仕事をしている人や学校に通っている人は、事前に休みの申請を出さなくていけませんし、スケジュールの調整をしておかなければいけません。そのため、カウンセリングを受けるときにダウンタイムの目安期間を確認しておきましょう。口コミにも記載されているように、鼻の美容整形といっても様々な種類があります。目的に合わせて手術の方法を変えため手術に使う医療機器なども異なってくるのです。そのため、ダウンタイムも手術方法によって長くなったり短くなったりしてしまいます。手術方法以外にも、患者自身の体質や体力によってダウンタイムが異なる場合もあるため、体力に自信がない人などは休暇申請をするとき長めに申請しておいたほうが安心です。メスを使うか、使わないかでもダウンタイムは異なります。メスを使った整形手術を受ける場合は、少なくても三日間は腫れや痛みが続くため安静に過ごせるようスケジュールを調整しておきましょう。医師から安静にしておくべきと言われた期間に無理をしてしまうと、腫れや痛みがひくのに時間がかかってしまったり、傷跡が残ってしまったりする可能性が高くなります。そのため、医師の言う安静期間は守る必要あるのです。人によって変わりますが、一週間から二週間程度で痛みや腫れが引いてくるため手術箇所に多少の違和感が残ることもありますが、以前と同じような暮らしを送れるようになってくる人もいます。しかし、時間が経過しても痛みや腫れがひかない場合は直ぐにクリニックを受診しましょう。傷口にバイ菌などが入ってしまっているという可能性もあるため、放っておくと余計に悪化してしまいます。
鼻の整形を受けたあとは、なるべく自分自身でもアフターケアにチカラをいれましょう。アフターケアをしっかりと行なうことで、傷口が目立ちにくくなり、求めていた結果に近づきやすくなります。ギプスや固定テープなどを使って鼻を覆っている期間は、無理をしないというのがアフターケアの鉄則と言われています。個人の判断で行動してしまうと、内出血が治りにくくなります。どういった行動なら大丈夫なのか、気になる場合は口コミサイトで調べるか医師に直接聞いてみましょう。知識のある医師の判断の元で行動するほうが安心です。鼻などにコンプレックスを持っている人は多く存在しますが、まだまだ美容整形に関する理解は浸透していないため抵抗を感じてしまう人も少なくありません。しかし、手術に関する知識を口コミサイトなどでしっかりと調べ、ダウンタイムの期間や注意するべきことなどを把握しておくことで、どんな手術方法なのか、どんな人が利用しているのかを知ることができるため挑戦しやすくなります。口コミサイトなどを使うと、より情報を集めやすくなるため様々な方法で美容整形について調べてみましょう。