鼻の形は美容整形で変えられる|口コミの情報は参考になります

  1. ホーム
  2. 手術の流れと麻酔

手術の流れと麻酔

鏡を見る女性

段鼻の印象

鼻の悩みといえば曲がっていたり、鷲のくちばしのようになっていたりする形はコンプレックスが大きいと口コミでも大きく取り沙汰されています。段鼻とは筋が階段のように曲がっている形をしている鼻のことを指します。横から見ると鼻が鷲のくちばしのように曲がっている印象があることから、鷲鼻ともいわれることがあります。この鷲鼻は鼻先が下に下がって見えることがありますが、これは西洋では「魔女のようだ」とあまり良い印象を与えるものではないのです。しかも段になって曲がっているため、凸凹したイメージを顔に与えてしまいます。それを整形手術でまっすぐにすることができれば、顔の印象は明るく、そして優しいものに変わるのです。

どこを治すのか検討

鷲鼻にお悩みの人は修正する整形手術があるのでチェックしてみましょう。いろんな方法がありますが、口コミではどんな施術が人気になっているのかを見てみれば、最新技術からオーソドックスな手術まで知ることができます。
では、どこを治すのかというと、口コミでは筋を高くするということではなく、「整える」方法が人気となっていることが分かります。鼻の飛び出ている部分には軟骨と骨のつなぎ目が真っ直ぐになっておらず、骨が飛び出していることがあります。手術ではそこを削っていくのです。

手術跡は目立たない

骨を削るといえば不安に思う人も多いでしょう。しかし、この整形手術では手術が鼻の内側から行なわれるので、傷跡が目立つことはありません。削るのは尾骨といわれる部分で、ここを削ります。鼻の穴からメスや必要な道具を入れて施術していくのですが、内部の切開する範囲も5ミリ程度となっているのです。やはり中心にあるパーツですから、そこに大きな傷が残ってしまっては大変です。医師は慎重にデザインをして、技術を駆使して行なってくれるので、整形して良かったと感じることでしょう。口コミでは腕の良い美容整形手術の医師のことも話題になっているので、よりデザインや仕上がりにこだわりたいなら口コミでも評判の良い医師がいる病院を選ぶと良いです。

手術の時間や入院の必要性

最近の整形手術は、簡単に短い時間でできるようになっているので入院する必要はありません。しかし、鼻骨を削る手術となるので、簡単に考えてはいけません。手術は20分程度で終了するので日帰りができますが、他にレジャーの予定を入れるなど無理をしてはいけません。内出血がある場合もありますが、そうなると痛みを感じることもあるでしょう。できるだけ当日は安静にすることが大事です。

痛みが心配

骨を削る施術をするので、痛みがないように麻酔を行ないます。大きな手術ではないので鷲鼻修正手術では局所麻酔が使われることになります。この麻酔に関しては、手術の前に必ず医師から確認が行なわれます。手術の同意書に麻酔に関する注意事項が必ず書かれていますので、事前に確認しましょう。これはなぜかというと、麻酔には少なからず危険性があるからです。痛みを感じないように眠らせたり、神経の動きを鈍らせたりしますので、呼吸が弱くなることもあります。血圧が下がって重篤な症状を出してしまうこともありますので、施術を行なう医師とは別に麻酔医がずっと手術の間はついていてくれます。こういった大事なことについてきちんと話してくれる病院は口コミでも人気の病院となっています。鷲鼻修正の際に使う局所麻酔は、完全に眠ってしまうものではなく、部分的に注射を行なう程度です。歯の治療を受ける際にもよく使われる麻酔です。